ぎょうざの満州 採用サイト

入社動機

「新しい自分へのチャレンジ」だと
保育士から転身。

保育士を辞めたばかりの頃、学生時代にアルバイトをしていたお店の店長から「宅配餃子の受付係を募集しているけど、どう?」と声をかけて頂きました。宅配の受注は難しくて苦手だったので、正直迷いました。しかし、この会社もここで働く人も大好きでしたし、おいしい餃子をもっと多くの方に食べてもらいたいという思いはどの部署にいっても同じ。「新しい自分へのチャレンジ」だと考え、思い切って入社を決めました。

仕事内容

大人気の餃子の宅配を管理。
当社自慢の一品を、全国へ届けています。

当社の餃子は、お中元やお歳暮などの贈答品としても人気があります。店舗やインターネット、電話、ファックスで受け付けた注文を本社でとりまとめ、きちんと配達されるまでを管理するのが、宅配餃子課の役割。私は店舗で受注した分の管理を担当しています。お店からは毎日120件以上、繁忙期には600件を超える配送伝票が送られてきます。そのデータを入力し、工場への製造と宅配会社への配送を依頼します。気を付けているのは、配達日の確認。遠隔地や繁忙期の配送は通常よりも日数がかかるのに、勘違いして受け付けてしまうことがあります。私もアルバイト時代に、よく同じ失敗をしました。そうしたミスが起きないよう店舗を回って指導するのも、私たち宅配餃子課の仕事です。タブレットを使った発注システムの導入も視野に入れ、丁寧で確実なお届けを目指しています。

忘れられないエピソード

「杉浦さんはお休み?」
電話越しに、わざわざご指名くださったお客様。

電話でのご注文は、全員で担当しています。顔の見えないお客様とのやり取りですので、お届け先やお名前に間違いがないよう、今でも緊張します。あるとき、一度担当したことのあるお客様から再度ご注文のお電話があり、違うスタッフが電話に出たところ、「今日は杉浦さん、お休み?」とわざわざご指名を頂いたのです。私たちの名前や声を覚えていてくださる常連のお客様って、本当に多いのです。うれしいのはもちろんですが、「自分の対応で、お客様をがっかりさせてしまわないように!」と、身が引き締まります。店舗指導のときにも、受付作業だけでなく「宅配は大切な方への贈り物である」ということを伝えたいと思っています。高校生のアルバイトから大ベテランのパートさんまで、考え方も経験も違う人にうまく伝えるのは簡単ではありませんが、自分の思いが伝わった瞬間の喜びはひとしおで、大きなやりがいを感じます。

ここが会社の魅力です!

親睦会や年1回の社員旅行。
社員同士、気軽に話せる機会が豊富なこと。

親睦会や社員旅行など、部門を超えた交流の場が数多くあります。前回の旅行は金沢で、美味しい料理をたくさん食べながら、様々な部署の方とお話しできました!普段は聞きづらい疑問や本音、要望などを、リラックスした雰囲気の中で伝え合うことができるので、楽しいだけでなく仕事にも有意義なのです。そんな気さくでアットホームな雰囲気が大好きなので、こうしてみんなでワイワイ話せる機会があるのは、とてもうれしいです。

プライベートの過ごし方

「原則残業なし」だから、自由時間たっぷり

宅配餃子課は女性ばかり10名の職場で、「原則、残業なし」を実践しています。実際、8月と12月の繁忙期以外は、定時の17:30に全員がサッと帰宅します。同期の仲間や地元の友人と食事に行ったり、月に数回はジムに通ったり、ゆとりあるプライベート時間を過ごせています。何より楽しいのは、近所に住む1歳の甥っ子と遊ぶことですね。結婚・出産しても働き続けている先輩が多く、ライフプランもしっかり組み立てられる職場です!

知って、食べて、感じる説明会を体感しよう!
エントリーはこちら
リクナビのエントリー・説明会申し込みはこちら!